データセンターとは

インターネットの発達で私達の生活や環境は大きく変化しました。
ものすごいスピードで情報がが飛び交い、日々膨大なデータが生み出されています。
これらのデータはどこに蓄積され、どの様に変化するのでしょうか。

例を挙げるならば、メールを送信がわかりやすいでしょう。まずデータはメールのプロバイダー
であるメールサーバに送られます。
送信されたメールはインターネットを通って、メール受信サーバーにたどり着きます。
受信者のコンピューターが、メールサーバーにメールを取得しにいきます。
こうして、メールが手元に届くのです。
重要なメールもwebサイトの情報も携帯やPCでみる動画や写真も大事なデータはみなサーバーの中に保存されています。

ただ、大事なサーバーを会社や家においていて大丈夫なのでしょうか。
データが盗まれてしまうかもしれません。火事になるかも、雷が落ちて停電になってしまうかもしれません。
お金なら銀行に預けますよね。では大事なデータやサーバーはどこに預かってもらえばよいのでしょうか。

そこで登場するのがデータセンター。電源や通信回線などの環境が整っており、
サーバーやコンピューターを預かってくれる施設です。
データセンターは地震などの災害に備えて、堅牢な建物を用意しており、
中のサーバーを守ってくれます。万が一停電などのトラブルが起こっても大丈夫。

データセンターには万が一の場合に備え、非常用の電源を複数持っています。
セキュリティーもしっかりしていて、入館の管理も厳重に行っています。

また、オペレーターが常時監視し、ハッキングなどのサイバー攻撃からシステムを守っています。
現代社会ではあらゆるものがデータで管理されています。鉄道のダイヤグラムや銀行のシステムも
ガス水道電気もそうです。これらのデータやシステムもデータセンターで管理されています。

社会インフラという側面でもデータセンターはとても重要です。
データセンターは24時間・365日稼働しています。

見えないところで大事なデータを守るために頑張っています。

大事なデータを保管する場所としては、安心性に加えて、
万が一の場合にすぐに駆けつけることができる場所が良いと考えられます。
そこで今回おすすめするのが、データセンターが千葉県にあるnetXDC。

「日本データセンター協会が策定するファシリティスタンダードの最高レベル「Tier4」認証を実現する設計はもちろん、
FISCやJEITAが定める安全対策基準の適合証明を取得している既存センターのDNAを
しっかり受け継ぐことにより、安心安全な環境をご提供します。」
参照:SCSK株式会社ウェブサイト

信頼できるデータセンターだということがわかりますね。
是非、netXDCを検討してみてください。