小型風力発電はメリットが多い

風車とは、風力を用いて羽根車を回し、回転エネルギーを得る装置です。風車は、何千年も前から製粉の動力、ウォータ・ポンプなどに用いられていました。

風車のメリットとデメリット

メリット

1.風にコストはかからず、現代テクノロジーを駆使して効率的に風をとらえることができます。
2.一度、風力タービンが建てられたら、タービンにより発電されるエネルギーは温室効果ガスや他の汚染物質を排出しません。
3.風車は、高さがありますが、大きい面積を必要としません。つまり、風力タービンの下の地面は有効活用することもできる。特に農業に向いています。
4.集合型風力発電所の風景は面白く、観光スポットになることもあります。
5.風力タービンは、先進国から途上国まで様々な国で使用することができます。
6.電力系統とつながっていない遠隔地でも電気を自足する為、風力タービンを使うことができます。
7.風力タービンは様々な規模で設置することができます。つまり多くの人やビジネスが使用可能です。1つの家庭や小さい町や村も小型風力発電を使うことによって、電気の自給自足を実現します。

デメリット

1.風の強さは一定でなく、全く風のない状況や、非常に強い状況も想定できます。つまり、風力タービンは常に一定の発電量を保っているわけではありません。
2.風力タービンが、景観を損ねる場合があります。
3.風力タービンは騒音を伴います。時速110キロの車が走る音と、同程度の騒音が発生します。
4.風車製造時に、汚染物質が多少発生します。

以上メリットとデメリットを紹介しました。
しかし、小型風力発電ならば、デメリット2つ目で挙げた、景観保全を損なうことがあると言う点を解消することができます。
また大型の風車と比べて、デメリットの3つ目で挙げた騒音も小さいのです。デメリットが少なく大きな魅力をもつ小型風車。
是非検討してみませんか?小型風力発電の情報サイトで、製品紹介・施工フローなどを見ることができます。

小型風力発電はメリットが多い