消化器内科とは

消化管は、口からお尻(主に胃、食道、腸などの)まで連続する一本の管腔臓器で、全長9m近くにもなります。そんな消化管の症状を担当するのが消化器内科です。消化管は食物を消化しながら運搬し、必要な栄養素が管の壁を通して吸収された後、最後には糞や便として排泄します。

その為、腫瘍や潰瘍、炎症などの器質的疾患だけではなく、便秘や逆流性食道炎などの消化管運動が上手くいかなかったことによる機能的疾患も多いのが特徴です。無症状の方から、胃の痛み、胸の痛み、胸やけ、食欲不振、貧血、やせ、黄疸など、実にさまざまな症状が起こる可能性があります。

~機能異常症の具体的な疾患例~
・食道癌
・胃癌
・大腸癌などの悪性腫瘍
・粘膜下腫瘍やポリープなどの良性腫瘍
・逆流性食道炎
・急性胃炎
・胃十二指腸潰瘍
・急性腸炎
・出血性大腸炎
・虚血性腸炎
・潰瘍性大腸炎
・クローン病などの炎症性疾患
・食道アカラシア
・腸閉塞、
・便秘症
・過敏性腸症候群

などなど

また悪性腫瘍の発見が遅れること命に関わる場合があります。早期発見が非常に大切です。特に日本人の癌の六割は消化器の癌ですので、万が一気になる症状がある場合は自己判断で経過観察せず、まずは消化器内科に受診しご相談下さい。

藤沢の消化器内科といえば『別府医院』。藤沢在住で消化器のことが気になる方は是非別府医院で受診してみてください。