転職先の労働環境確認方法

転職先での成功は、誰もが求めるものです。自分が望む労働環境、あるいはそれに近い環境で働くことは非常に大切です。その為には、転職活動時点での会社の選定が最も重要となってきます。労働環境があまり良くない企業は、決まって同じような文句を謳う傾向にあります。今回は、転職活動での「危ないキーワード」について紹介したいと思います。

①いつも求人広告を掲載している

求人を募集しているということは、2通りに解釈することができます。いつも求人広告を掲載していることを肯定的に見ると、その会社の商品やサービスの売り上げが好調で人手不足だということ。事業拡大の為に募集しているが、なかなか集まらないのかもしれません。否定的な観点から見ると『労働環境が悪く』人がどんどんやめていくこと。急募や業績好調の為、追加募集と告知していることもあります。何かしら会社の人が辞めていく要素があると見ることができます。

②社員数に対して、求人数が妙に多い

社員数100人なのにも関わらず、30人募集している企業は、労働環境があまり良くないことが予想されます。こういった会社は毎年辞める人が多く、辞めることを見積もって募集をかけている傾向にあります。平均年齢25歳以下、勤続3年未満であれば、かなり危険であることが言えます。

③職種名が未知な横文字

ライフスタイルコンシェルジュなど、実際の業務内容をごまかしている場合があります。

④若くても責任ある仕事、実力主義、独立・起業のチャンス

あまりに実力主義が強すぎるようであれば、少しでも数字が上がらなければ干されてしまうことが予想されます。

⑤時間外労働に対する支払いがない

残業0は難しいですし、非現実的です。会社が繁盛しているのであれば、残業は避けて通れないのかもしれません。残業がすべていけないのではなく、その会社が時間外労働に対してきちんと対価を払っているのかが重要です。

転職先 労働環境