医療事務で良く見かける外国語!実はドイツ語が多い

医学の発展はドイツから広まったため、ドイツ語を用いることが多いんだそうです。 なかなか一般の方には知られていないことを今回は紹介したいと思います。

日本に現代医学が導入されたのは明治時代。 当時の医学先進国であったドイツから教師を招きました。 ドイツの先生が教鞭を取って学生を指導し、その多くが医師になりました。 それが現在の東京大学医学部と日本医学の礎となっています。 その名残からか現在の病院でも、ドイツ語が多く用いられています。

医療事務 外国語(医療事務 求人)1

今でも病院で使われているドイツ語

「カルテ」Krankenakten
「ウィルス」Virus
「アレルギー」Allergie
「エネルギー」Energie
「メス」das Messer

これらはよく聞く単語ですよね。また、病院内ではこんな陰語も使われています。
「この患者さんのアネムネは?」⇒この患者さんの既往症は?
「明日、先生がムンテラをします」⇒明日、先生が病態(病状)説明をします
「あのクランケ、来週エントでよかったね」⇒あの患者さん、来週退院でよかったね
「今からエッセンに行ってきます」⇒今から食事休憩に行ってきます

ドイツ語だけでなく略称を記す際、英語を用いることもあります。 覚えておくと便利なので紹介します。

略語 英語表記 意味
AAA abdominal aortic aneurysm 腹部大動脈瘤
ALL acute lymphatic leukemia 急性リンパ性白血病
CHF congestive heart failure うっ血心不全
ICH intracerebral hematoma 頭蓋内血腫
RA rheumatoid arthritis リウマチ様関節炎

AB asthmatic bronchitis 喘息性気管支炎
CDH congenital dislocation of hip 先天性股関節脱臼
DKA diabetic ketoacidosis 糖尿病性ケトアシドーシス
PMD primary myocardial disease 原発性心筋症
TAA thoracic aortic aneurysm 胸部大動脈瘤